ブログ

寒さ暑さも彼岸まで!は通用しなくなりました。

旬の食卓便店長の栗田岬知です。
今年の夏は不安定なお天気そのもので、地域によっては雨に悩まされたり高温続きだったりと地球温暖化現象は予想が付かない変化を見せています。
私の住む青森県も8月上旬は30℃を超える日が続いたかと思ったら、ストーブを点ける日もあるほど気温の変化の激しい8月でした。

これほど天候や気温が不安定になると農作物にも大きく影響を及ぼしています。
旬の食卓便一番人気野菜に淡路島の無農薬玉ねぎがあります。

こでまで、多少の気候の変化ではさほど影響のなかった淡路島の玉ねぎですが、今年はそういう訳には行きません。
新玉ねぎは収穫してすぐに発送するのでそれほど問題はありませんが、影響があったのは乾燥玉ねぎです。

7月の収穫期に長雨が続き、収穫が遅れてしまいました。
玉ねぎは収穫時期が重要なのです。
さらに、その後の淡路島の気候が高温多湿で推移したために、乾燥不足の玉ねぎが出てきました。

産地の農家さんも「こんな年は初めて!」と言わしめるほど、今年の気候は不安定過ぎます。
そのために、気温が下がるまで玉ねぎの出荷は中止しました。
しばらく淡路の玉ねぎの出荷は見送りますのでご了承ください。

でも、気温が下がると冷蔵庫から出した玉ねぎに水滴が付くこともなく発送できますので、ちょっとの間だけお休みです。

しかし、ちょっと前までは「暑さ寒さも彼岸まで!」と言われていましたが、数年前からはこの諺が通用しなくなってきました。
冬・春・秋が短くて夏がう~~~んと長くなってきてますね。
お彼岸に来ても涼しくならないのです。

現に、今年はお彼岸過ぎでも半袖来てましたものね。
これから先、地球環境はどうなるのでしょうね?

とっても不安ですが、地球環境に悪いことは出来るだけ辞めて、良いことをやるように心がけましょう。

例えば、二酸化炭素を多く排出するようなことを可能な限り少なくする。24時間エアコンを回しっぱなしなどは論外ですね。自家用車ではなく、バスや電車に乗るなどなど考えると沢山ありますね。個包装は辞めて出来るだけ包装しないものを買うとかね。小さな動きをみんながやることで大きな動きへと繋がりますね。